follow us

FACEBOOK

TWITTER

INSTAGRAM

ブログ

日本の宝飾装身具広告史から… 1/3

2024.01.03

仕事

1月3日、ジュエリー関連の書物を読破

簡単リポートに挑戦

3回に分けてブログに綴る、店主です

 

 

【日本の宝飾装身具広告史から… 1/3】

2023年12月に発売された書籍

「日本の宝飾装身具広告史」を読破

2023年お正月の宿題として、私の感想とリポート

*写真は先代父のアルバムから…書籍とは関係ありません

 

 

第一回は「明治時代の広告」から…

<明治時代=1868-1912年>

着物から洋装へ変化を求められてた頃

この時代の広告は、ようやく新聞社が設立された

その新聞広告から歴史を紐解く面白い書籍

「ジュエリー」とは言わず貴金属や指環と呼ばれ

すでにダイヤモンド、サファイア、エメラルドなど

輸入されていたようです

 

プラチナの製品も明治中期から流通し

ミキモトの銀座店にオープン

三越百貨店でも貴金属の販売を行い

製造工場も設立され景気良く経済発展をした

日清戦争や日露戦争もきっと影響していただろう

 

想像すると…

当時、富を得た裕福な人々が新聞を読み

電車や馬車に乗って街へ繰り出す

貴金属(ジュエリー)を百貨店や専門店で購入し

レンガ造りの洋館での社交会や集いの場所で楽しむ

まさしく「文明開花」の時代だったのでしょう

 

次は、大正時代、最後は昭和初期

リポートします

 

日本の「宝飾装身具」広告史

https://amzn.asia/d/5KCsNiw

 

===お知らせ===

2024年1月9日(火)より営業開始

*それ以前にご予約希望は要相談*

 

Bookmark and Share

コメント

コメントはまだありません。

    コメントする

    メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


pagetop

pagetop