follow us

FACEBOOK

TWITTER

INSTAGRAM

ブログ

ニューシズラー NEWSIZZLER

2019.07.19

仕事

金曜日は定休日
私の好み「古くて味があるモノ」
今日のアイテムがドンピシャ、店主です

シズラー

【シズラー】
SIZZLER

パッケージと佇まい
平成ではなく「昭和の香り」が漂います

シズラー

【説明文】
栓抜きと気泡の完全密封に…
渋すぎる
このパッケージが好き過ぎる

sizzler

【使い方】
栓抜きとしての機能と
気が抜ける事を抑えるパーツとして
使います

実は、これ、いただきもの
このサイダーを入荷とか
プライベートでも仲が良い酒屋さん

【飲食店営業】あります

私の繋がりのある方用の喫茶室
フラリと寄っていただけると嬉しいです
何かしら可能性を広げるためにも取得してます

通常、土日だけです
2019夏休みはいつでもOK
ぜひ

 

 

シズラーから歴史を思う

この製品を調べると面白い
検索してもさほど情報はありません
でも、会社が岐阜県関市の刃物会社
隠れた名作のようで飲食店で人気のようです

 

想像すると「ビン製品」が本格的に広まったのが
戦後復興で激動の時代
同時に「冷蔵庫」が一般家庭に普及する
すると、冷えたビールやビン製品が広まる

 

時代としては昭和35年〜ぐらいか?
東京オリンピックなど急激な発達と同時に
ビンの飲料を「なんとか栓ができないか?」
試行錯誤の上、刃物屋さんが作ったのでしょう

 

いまはペットボトルが全盛期
栓抜き、開封した栓を閉じるアイテムは必要ない
使うのはバーや飲食店ぐらいでしょう

 

炭酸飲料はやっぱり瓶が良い
瓶の回収による再利用というか環境にも優しい
ペットボトルは少々、気が抜けるらしい
「使い捨て」は苦手です
私は基本的にペットボトル飲料も飲みません

 

そんな事で「シズラー」がとっても嬉しい
好きなもの、紹介でした

Bookmark and Share

コメント

コメントはまだありません。

    コメントする

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


pagetop

pagetop